うるおいにこだわった高保湿スキンケア。たっぷりうるおい、吸いつくようなもっちり肌へ。
  1. ブログTOP>
  2. ~3歳1か月>
  3. 動かす筋肉より先に固定する筋肉をつける

2015/12/07 21:49 by ママ カテゴリ:~3歳1か月動かす筋肉より先に固定する筋肉をつける

コメント(0)

今日は娘のリハビリに行ってきました。

久しぶりに娘と二人で電車旅です。

スポンサーリンク

前回のリハビリから1週間空いただけの短いサイクルでしたが、先生から

「あれ?なんか背のびました?」

と。

この一週間ではどうかわかりませんが、確かに最近、巨大化してるかもしれません^^;

この前(8月頃)、ようやく体重が二桁の10kgになったー!

と思っていたら、もう11kgになっていました。

今回、1kg増えるのが妙に早かったように思います^^

前回のリハビリ時、娘に歩きたい気持ちが少し出てきていて、保育所の先生からの確認事項で

「両手を持ってあげて歩かせたりするのは問題ないかどうか?」

という質問をさせて頂いた際、

「自力で立って歩いている訳ではないので、足が突っ張った状態になってしまい良くない」

との回答を頂きました。

そのことを保育所の先生にお伝えした後、再度確認があり、

「本人が台など何かにつかまった状態で前に進んで行く(歩いていく)のは問題ないかどうか?」

との質問を頂いていました。

例えば、押し車などにつかまって押しながら歩いていくという感じの動きについてです。

早速、今日のリハビリ時にそのことを先生にお尋ねしたところ、

ダメダメ!と首を横に振っていらっしゃいました。

大人が両手を持って歩かせたりする動きと同じで、自力で立っていない上に歩くということは、まだ正常な立つ姿勢(膝をピンと突っ張った状態ではなく、少し曲げた状態で立つ姿勢)ができていないところに歩く動きをしてしまうことになり、膝を突っ張った状態で歩いてしまうので、正しい姿勢で歩けずに膝を突っ張るクセがついてしまうということだそうです。

今の娘の状態は、つかまり立ちはしているけれど、膝をピンと突っ張った状態で立つことしかできないので、まだ膝を少し曲げた状態という立ち方は全くできていません。

要は、歩くような動かす筋肉より、先に膝を少し曲げて保持できるような固定する筋肉をつけることが大事だということでした。

娘は固定する筋肉がついてから、次にステップアップです。

ダウン症の子は固定する筋肉がついていなくても歩けてしまう子が多いそうで、それで特徴的な歩き方になってしまう子がいるということなんですね。

家では歩こうとする姿はありませんが、保育所での動きと違うところもあるので、保育所の先生と確認し合いながら見守っていきたいと思います。

20151207_01.jpg

↑ リハビリの帰りの電車の中では、足の動きが良くなったからか(!?)やたらと立ちたがる娘。

つかまる位置が低かったのでちょっと妙な立ち方ですが^^;車窓を眺めていました。

そして、電車旅のお楽しみは駅弁^^

20151207_02.jpg

いやぁ~♪これが食べたくて電車に乗ってると言っても過言ではないです^^

 

スポンサーリンク

  • http://21downs.info/2015/12/post-792.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメントする

トラックバック(0)

http://21downs.info/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1217

プロフィール

2012年12月に3246グラムでダウン症の女の子が生まれました。

更に詳しく見る

ブログランキング

現在の順位は・・・↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

月別リスト

カレンダー

最近投稿された写真

  • もももももーいっかい!
  • H28年度保育始まり
  • 保育所3歳児クラスはじまりの日
  • アンパンマンと遊んだの?
  • ちょっと寂しい春休みだけど・・・
  • 今年度最後の保育所
  • 最近の食事事情
  • 肋骨が開いている
  • ちょっとハリキリ過ぎ^^;
  • 保育所の先生とおともだちに感謝感謝
  • 薬の副作用で水便か!?
  • おばあちゃんもビックリ(*_*)
  • ご機嫌、悪悪・・・
  • 花粉症デビュー!?
  • 新しいメガネ

RSSフィード

パソコン表示 | スマートフォン表示