「30代から始めるエイジングケア」ストレスに揺るがない、心まで、はずむような肌へ。エントリーラインRED BA
  1. ブログTOP>
  2. 幼児教育>
  3. 漢字を教えるのではなく、漢字で教える

2013/02/15 05:36 by パパ カテゴリ:参考書籍 / 幼児教育漢字を教えるのではなく、漢字で教える

コメント(0)

この日記で紹介した本を読んで、グレン・ドーマン博士のことを知りました。

グレン・ドーマン博士は脳障害児の治療をしていて、脳力開発のための独自のプログラムを作り出しました。

また、先ほどの本で石井式漢字教育というのを知り、今この本を読んでいます。

IMG_0421.jpg

スポンサーリンク

この本のまえがきに、

「漢字によって読書の喜びを知り脳はグングン成長する」

と書いてあります。

この2冊の本を読んで、ドーマン法を自分の娘に実践しようと思いました。

脳に障害を持っている子どもが健常児以上に成長したのなら、ダウン症の娘もきっとそうできるはずだと。

ただ、ドーマン法を実践するのはかなり面倒です。

いろいろ調べているうちに、良い方法にたどり着いたので、今後このブログで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

  • http://21downs.info/2013/02/post-164.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメントする

トラックバック(0)

http://21downs.info/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/427

プロフィール

2012年12月に3246グラムでダウン症の女の子が生まれました。

更に詳しく見る

ブログランキング

現在の順位は・・・↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

月別リスト

カレンダー

最近投稿された写真

  • もももももーいっかい!
  • H28年度保育始まり
  • 保育所3歳児クラスはじまりの日
  • アンパンマンと遊んだの?
  • ちょっと寂しい春休みだけど・・・
  • 今年度最後の保育所
  • 最近の食事事情
  • 肋骨が開いている
  • ちょっとハリキリ過ぎ^^;
  • 保育所の先生とおともだちに感謝感謝
  • 薬の副作用で水便か!?
  • おばあちゃんもビックリ(*_*)
  • ご機嫌、悪悪・・・
  • 花粉症デビュー!?
  • 新しいメガネ

RSSフィード

パソコン表示 | スマートフォン表示